支柱折れ児童死傷。

こんにちわ。
本当に悲しい事故が起こりました。


「 支柱折れ児童死傷 」



宮城県白石市の市立白石第一小で防球ネットの木製支柱が折れ児童2人が死傷した事故で、同小は29日、全学年の保護者を対象にした保護者説明会を開いた。保護者からは児童たちの精神的ショックを心配する声が上がった。突然の訃報に、孫を亡くした祖父は動揺を隠せずにいる。

 事故は27日午後3時ごろに発生。白石署などによると、児童6~7人が建物にボールが当たるのを防ぐため設置されたネットに寄りかかったり、引っ張ったりしていたところ支柱が折れ、直撃を受けた6年生の松野翔慎さん(11)が死亡、もう1人の児童もあごの骨を折る重傷を負った。



ニュース出典:毎日新聞


子どもは想定外の遊び方を発見します。
遊具を正しく使う事は大切ですが、
安全対策を立てておくことが重要で
やはり日頃の点検が1番大切です。

このような事故が起きないよう、遊具点検をしっかりと行い、
子供が安全に遊べる環境を作りましょう!


改装、施設のリニューアルとご一緒に
遊具の点検・更新はいかがでしょうか?
効率的な点検手法で低コストを実現☆お見積もりは無料!

京都はもちろん、滋賀、大阪、奈良、三重その他ご要望があればどこでも
まずは、お気軽にご相談ください。

スタッフブログ | 02:17 PM | comments (x) | trackback (x)

↑ページトップへ